facebookのリンクはこちらから



2020 年 02 月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
  

休館日 ……


Total
113606
Today
58
Yesterday
61




新・雲呼荘では「蓼科日記」にちなんで「新・蓼科日記」を用意しました。

「この山荘に来訪された方は、
 かならず この日記に
 何かお書き留めください」

このコーナーは、山荘に置いたノートに残された書き込みのうち、WEBサイトにアップする許可をいただけた分と、直接WEBに投稿された分を一緒に載せるコーナーです。

当館へのご意見、ご要望などもこちらへお寄せくださいませ。
2019/10/30 青木一郎   佳子  
蓼科『新・雲呼荘』ー新・蓼科日記より

令和元年10月30日(水)
新・雲呼荘に初めて伺いました。
小津安二郎、野田高梧のことども、詳しく
お話を伺うことが出来ました。
『晩春』には染井能楽堂にて演じられました「杜若」に祖父・只一、父・豊も出演しておりました。
野田九浦のお住居あとのコミセン「九浦の家」の代表をさせていただいております。

             (青木一郎)

吉祥寺東コミセン(九浦の家)で画伯の作品を常時展示しております。お近くにいらっしゃる際は、是非お立ち寄り下さいませ。

             (青木佳子)
  
2019/10/29 樋口明広   原田聡明   野田安伸  
蓼科『新・雲呼荘』ー新・蓼科日記より

2019年10月29日(火)
昨夜”東京物語”を友人とみました。三度目でしたが、じっくりと本当に見入ったのは今回がはじめてでした。その友人と群馬から。
今日、霧けむる雲呼荘を訪れ、言葉に表現できない不思議な気持ちになっています。
私の中では、”東京物語”とミヒャエル・エンデの”モモ”、そして手塚治虫の小品”雨ふり小ぞう”がつながるのです。これ以上、説明を加えると嘘になりそうなので、やめます。
でも、来てよかった、本当に。

             (樋口明広)
2019/10/19 桐山 ゆみ  田中 宏子  women
蓼科『新・雲呼荘』ー新・蓼科日記より

2019年10月19日(土)
原村に引っ越して来て丸三年。たまたま北海道に移住した友人からこの雲呼荘のことを知り、本日うかがうことができました。
色々な縁でたどり着いたのですね。
貴重なモノの宝庫で、建て物も庭も美しく、ステキな時間を過ごせる場所です。
2019/09/29 高山 瞳  高山 透  women
蓼科『新・雲呼荘』ー新・蓼科日記より

素敵なお家とお庭で、こういう雰囲気の中で映画を作っていたんだなぁと興味深かったです。
色々お話聞かせて頂きありがとうございました。
9月29日 (高山 瞳)

ここでは、野田さんがプライベートで撮ったフィルムが観れて貴重な体験でした。雲呼荘周辺で散歩したり、ゴルフのスウィングをする小津さんが観れて身近に感じれました。立ちションもしてます。とても楽しい時間をありがとうございました。
9月29日  (高山 透)
2019/09/28 長沼 六男  men
蓼科『新・雲呼荘』ー新・蓼科日記より

こちらの渡辺さんとご縁がありまして、うかがいました。
小津さんや野田さんと云えば我々映画人にとっては、神様のような方々で、拝む気持ちで、色々拝見しました。
ありがとうございました。


ページトップへ