facebookのリンクはこちらから



2024 年 05 月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  

休館日 ……


Total
609630
Today
48
Yesterday
814




新・雲呼荘では「蓼科日記」にちなんで「新・蓼科日記」を用意しました。

「この山荘に来訪された方は、
 かならず この日記に
 何かお書き留めください」

このコーナーは、山荘に置いたノートに残された書き込みのうち、WEBサイトにアップする許可をいただけた分と、直接WEBに投稿された分を一緒に載せるコーナーです。

当館へのご意見、ご要望などもこちらへお寄せくださいませ。
2024/02/10 エリック&エマ  
インバウンドツァー“小津をめぐる”

エリックは、昨年小津安二郎のドキュメントを撮りにみえたダニエル・レイム監督のチームに参加していた方です。

2024/02/10 Txasi A  men
インバウンドツァー“小津をめぐる”
スペイン・バスク地方の男性。脚本家です。
2024/02/10 管理人 記入  women
蓼科『新・雲呼荘』―新・蓼科日記より

2024年2月9日
インバウンドツァー“小津をめぐる”でお出でになった4名様。
ノートの記入は、英語とスペイン語でしたので、そのまま写真でUPさせていただきます。
2024/02/06 スザンネ・シェアマン  women
蓼科『新・雲呼荘』―新・蓼科日記より

二〇二四年二月六日(さむい日、雪!)
とてもおもしろく聞きました。本当にお世話になりました。ありがとうございました。
2023/10/02 木村 優太  men
蓼科『新・雲呼荘』―新・蓼科日記より

二〇二三年九月三十日
小津安二郎を求めて、雲呼荘に来ました。ここには驚くほどの資料があり、とても勉強になる。自分も役者であり、学ぶものが多かった。この歴史を学ぶことは将来、学んでよかったと思うだろう。「彼岸花」の映像はすごいお宝だ。昨日は岡田茉莉子さんや兼松監督にお会いし、小津さんや原さんのことを聞けた。その余韻にひたり、無芸荘や雲呼荘では興奮をかくせなかった。またぜひ来たいと思います。 


ページトップへ